11/9 プログラミングワークショップが開催されました♪

11/9にScratchでプログラミング第3回が実施されました。

今回は7名の小学生が参加してくれました。

講師は公立はこだて未来大学のちゃーりーと、同大学の学生の方々です。

今回のテーマは「変数と初期化」です。

Scratchのプログラムでは、図形の位置や傾きなどを変数というかたちで認識しています。

今回のワークショップでは、変数を利用したプログラミングをしてもらいました。

まず最初に、今回使う変数のしくみのレクチャーです。

図形を好きなように配置してもらい、その後に図形の位置や色を変化させても、プログラムをリセットしたら最初に配置した状態に戻る「初期化」のプログラミングをしてもらいました。

ちゃーりーが参加者の配置した図形を変化させて、最初の状態に戻るか確かめてみます。

思ったように元に戻らない子も多く、大学生がひとりひとりサポートしていました。

レクチャーが終わり、自由制作の時間です。

ちゃーりーからは「何がどう動くかわかるようにプログラムして」という、少し難しいお題が出されました。

1時間の自由制作のあとは中間発表です。

参加者のみなさんに現時点でできているプログラムを披露してもらいます。

他の参加者の作品を見て「すごい!」といった声が聞こえてきていました♪

おやつタイムを挟んで再び1時間の自由制作の時間です。

最終発表に向けて、みんな一生懸命に作業をしていました♪

作業をしていると、あっという間に最終発表の時間がやってきました。

最終発表では、ひとりひとり前に出てプログラムを披露してもらいました。

こちらは計算問題を出題するプログラムです。

時速と道のりの問題が3問出されます。

こちらはシューティングゲームのプログラムです。

時間がたつと敵が現れ、自機のビームで倒しながら進みます。

最後に振り返りと記念写真をとってワークショップは終了です。

今回も、参加者ひとりひとりの趣向を凝らした作品が多くみられました。

次回の開催は来年の1月25日(土)です。

来年度から公立小学校でのプログラミング教育が導入されます。

お子さんの表現力を伸ばすためにも、ぜひ一度参加されてみてはいかがでしょうか。

お申し込み・お問い合わせは青年センター(0138-51-3390)まで!

日 時:1月25日(土) 13:00~17:00

受講料:1人2000円

持ち物:筆記用具

*-------------------------------------------*

アルバイトスタッフ いわき