プログラミングワークショップを行いました

1月12日に、ワークショップ『Scratchでプログラミング 上級編』を行いました。

ファシリテーターは、公立はこだて未来大学の飯塚昂大さんです。

ワークショップには7名のこどもたちが参加してくれました。

今回のワークショップのテーマは『Motion Typography(モーションタイポグラフィ)』。

変数を使って、文字を動かします。

今回使ったプログラミングツールは、最新バージョンの『Scratch 3.0』です。

以前のバージョンのものと、画面の構成や機能が少し変わっています。

はじめにみんなで新しいScratchを使って、いろいろな機能を試しました。

新しいScratchにも慣れたところで、自由制作に入りました。

こちらは、飴の周りを蠅が飛ぶプログラムづくりに挑戦しています。

三角関数を使うことで、本物の蠅が飛んでいるような動きに仕上げることができました。

約50分の自由制作の後、おやつ休憩をはさんで後半戦です。

後半では、前半に作ったプログラムを仕上げました。最後の追い込みということで、みなさん真剣です…!

約一時間の制作時間の後に、発表会を行いました。

micro:bitという小さなコンピュータを使って操作するお絵かきゲームや、

主人公が漢字の冒険ストーリーなど、どれも面白い作品に仕上がりました。

組み合わせや動き方次第で、文字が様々な作品に変化します。Motion Typographyって面白いですね!

最後に振り返りをして、ワークショップは終了です。

次回の青年センターでのワークショップは、2月23日です。みなさんのご参加をお待ちしております!

(ワークショップ情報はこちら: https://hako-youth.com/blog/article?slug=6427 )

アルバイトスタッフ さかい