防火優良認定証が届きました!

12月も半ばを過ぎました。
乾燥による時期でもあります。
いつもよりも火災等に気を付けなければいけませんね。
さて、青年センターでは、防火対象物点検報告特例認定を受けるために11月末に消防署の立ち入り検査がありました。
特例認定の有効期間は3年なので、前回認定を受けてから3年が経ったと思うと、、、時が経つのが早い!
ちなみに、防火対象物点検報告特例認定制度とは
『所轄消防署長は、防火対象物の管理について権原を有する者の申請により検査を実施し、その結果、
消防法令の遵守状況が優良な場合、点検報告の義務を免除する防火対象物として認定します。』
とあり、一定の要件を満たせば、防火対象物の定期点検報告が3年間免除になるというものです。
この度、再度認定を受けることができました!
だからと言って何もしなくてよくなるわけではなく、特例認定を受けたからこそしっかりと防火に対して注意を払い管理を徹底していかなければなりません。
安心して利用できる施設であるために、訓練や点検を欠かさず実施し、防災意識をしっかりと持ち続けるよう努めていきたいと思います。
センター長 いけだ