プログラミングワークショップを開催しました!

9月29日に、プログラミングワークショップを青年センターで開催しました。

ファシリテーターは、公立はこだて未来大学のちゃーりーです。

ワークショップには3名のこどもたちが参加してくれました。

今回は、パソコンのカメラを使って『プロジェクション・プレイ』に挑戦しました。

『プロジェクション・プレイ』とは、『Scratch』で作ったアニメーションをプロジェクターで投影し、

そのアニメーションの中に自分が入り込んでパフォーマンスを行う表現手法です。

始めにみんなでカメラの使い方を学びました。カメラに映った自分の手に反応して、アニメーションが動きます。

カメラの使い方をマスターし、さっそく作品制作の時間に入りました。それぞれどんな作品になるのでしょうか。

1時間の作品制作のあと、中間発表会をしました。

ケーキを食べて休憩したあと、さらに1時間作品を手直しし、いよいよ最終発表です。

こちらはホッケーゲーム。2人で球を弾き合いながらスコアを競います。

こちらはミュージックバンド。体を動かして、様々な楽器を演奏できます。

こちらはマジック。画面に映ったオブジェクトを消す姿は、まるで魔法使いです。

最後に振り返りをして、ワークショップは終了です。

今回のテーマは少し難易度が高いものでしたが、

皆さん工夫を凝らして面白い作品を作ってくれました。パフォーマンスするときの皆さんの笑顔が印象的でした。

これからも楽しくプログラミングに取り組んでほしいですね。ご参加いただきありがとうございました。

アルバイトスタッフ さかい