Scratchでプログラミングをしよう!

「プログラミング」というワードを新聞で頻繁に見かけるようになりました。
2020年度から小学校でプログラミングの授業が必修化されることに伴い、函館市内の様々なところで

小中学生を対象としたプログラミングワークショップが開かれていることが、その理由であると思われます。

現在は、函館市主催(運営管理は外部委託)のプログラミングワークショップがはこだてみらい館で開催

されており、ますますITの輪が広がっているといえます。

青年センターでは、2014年度より小学生向けのプログラミングワークショップを事業として行っており、現在

でも継続しています。初めた当時は、現在と全く状況が異なり、参加者のニーズも変化しています。
それに対応するべく、青年センターでは上級者向けのプログラミングワークショップを企画・実施しています。

そのワークショップが9月29日(土)に開催されます!

 

Scratchでプログラミング2018「Scratch劇場で大喜利!」
【日 時】平成30年9月29日(土)13:00~17:00
【対 象】Scratch経験者の小学4年生以上
【定 員】10名(要予約・先着順)
【会 場】函館市青年センター(函館市千代台町27-5)
【参加費】2,000円
【ファシリテーター】ちゃーりー(公立はこだて未来大学大学院)
【申込・問合せ】0138-51-3390(函館市青年センター)
(以下、チラシより引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ゲームを作ったり、物語を作ったり、音楽を作ったり、演劇をしたり…自分が楽しんだり、友達を楽しませたり

伝えたいことをみんなに訴えかけたり…そんな日常の中の表現に、コンピュータを使ってみたら、もしかすると

もっともっと魅力的な方法が見えてくるかもしれません。
「Scratch でプログラミング」では Scratch を使って、コンピュータならではの新しい表現に挑戦してみんなで

共有してみましょう!

「Scratch 劇場で大喜利!」では Scratch で作ったアニメーションをプロジェクターで投影し、そのアニメーション

の中に入り込んでパフォーマンスを行う「プロジェクション・プレイ」に挑戦します。全身を使ってプログラミングで

お題を表現してみましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

未来大生のスタッフによる少人数制の指導のため、しっかり学べます。

4時間という長丁場ですが、休憩してお菓子を食べたり、プログラミング以外のところでも楽しい時間がありますよ!

ともだちと一緒に楽しくプログラミングをしてみませんか?

まだ若干の空きがあります。
お申込みお待ちしております。

センター長 いけだ