Gスクエアの見学に行きました!

みなさん、こんにちは!社会教育実習生の大久保です。今日が最後の実習日となりました。

今日は池田センター長に五稜郭にある函館コミュニティプラザGスクエアに連れて行ってもらい、見学をしてきました。

Gスクエアは2017年にオープンした、函館初の商業ビル内にある公共施設なんだそうです!街の賑わいをつくり、若者をはじめとする幅広い市民の交流を生みだす場として、今日も多くの利用客の方がいらっしゃいました。

そして、Gスクエアの仙石センター長から施設の紹介をしていただきました。Gスクエアという名前はワークショップで決めたもので、Gは五稜郭のGなんだそうです。

施設の名前も利用者さんと一緒に考えられたということで、利用者さんと一緒に施設を作り上げて成長していくという考え方がとても伝わってきました。

利用者さんと職員の距離が近いのは青年センターと似ていますね!

フリースペース・イベントスペースは普段自由に利用できるスペースで、打ち合わせや勉強、ちょっとした休憩にふらっと立ち寄れるスペースです。

シエスタ函館の4Fに位置し、ガラス張りの窓からは函館山や五稜郭の町並みを眺めることが出来ます。貸切もできるので、イベントや講演会なども行えます。

他にも防音設備がある多目的室や、ガラス張りのキッチンスペース、多目的ホールなどがあり、「ここでこんなイベント活動ができたらおもしろそう!!」と施設を見ていろんな妄想が膨らんできました。

アクセスカウンターの隣にはボックスギャラリーがあり、現在はだれでも絵を描いたり工作をできるスペースができています。他の人の作品もみることができ、創作意欲がかきたてられますね!

実は、今回実習させて頂いた函館市青年センターと函館コミュニティプラザGスクエアは、NPO法人函館市青年サークル協議会が管理・運営しており、とてもつながりがある施設なんです。歴史のある施設と新しい施設で、市民の方々の「やりたいこと・挑戦したいこと」を全力でサポートしています。

青年センターでの実習では、利用者の方と職員の方との距離が近く、施設をより良くしていく工夫を学ぶことが出来ました。昔からある地域に密着したアットホームな施設で、職員の方もとても優しく、これからも多くの方に利用してもらいたいです。まだ青年センターを知らない人のために、SNSを使ってどんな活動に利用できるのか施設紹介を行っていくのも大切だと思いました。

最後に、いつも明るく挨拶してくださった利用者のみなさん、丁寧にやさしく対応してくださった職員のみなさん、本当にお世話になりました。今回の実習で経験したことを、これからの学びに活かしていきたいと思います。

9月2日には青年フェスティバルがあります!私も少しだけお手伝いさせていただきました。当日、いい天気になりますように!!

実習生 大久保