科学の力で手づくりアイス!

はこだて国際科学祭2018が8月18日に開幕しました!
8月26日までの一週間、函館が科学で賑わいますよ!
青年センターでも関連イベントが行なわれています。
8月19日に「キッチンサイエンス~手づくりアイスできるかな?」を開催しました!


講師は、函館短期大学食物栄養学科の伊木先生と清水先生です。
冷凍庫を使わずにアイス作りに挑戦します!


まずは氷についてお勉強。
温度計で氷の温度を計測します。
氷がころころと動くので少し手こずっていましたが上手にできていました。
氷は零度なのでそのあたりの温度になります。

そこで、今回のキーポイント!塩を加えて再計測します。
すると、、、


氷点下に下がっています!
学生の頃に授業で聞いた「凝固点降下」を思い出しました。
この原理を使って冷凍庫なしでアイスを作るわけですね。


今度は多めの氷に塩を加えます。
そこにジップロックに入ったアイスの材料を入れます。
そして、、、


10分間ひたすらシェイク!
早く食べたい気持ちを抑えて頑張ります!

固まりました!


美味しそうでかわいいトッピング♪

フルーツの上にアイスを絞って、最後のトッピングをすると、、、

完成です!

科学の力で手づくりアイスができました♪

お待ちかねの試食タイム♪
市販のものとの食べ比べもしました。

午前の部、午後の部ともに満席で、盛況のうちに終えることができました。
夏休み最後の日、良い思い出ができたかな?

参加者の皆様、伊木先生、清水先生、ありがとうございました!

センター長 いけだ