「Scratch劇場で大喜利!」

3月11日に、小学校4年生以上対象のワークショップを行いました。

タイトルは「Scratch劇場で大喜利!」。

スクリーンの前で、自分自身が書いたプログラミングの中に入り込んでみよう!というワークショップです。

このワークショップでは、Scratchというプログラミング言語を使って様々な表現に挑戦し、

みんなで共有しながら学びを深めます。

ファシリテーターは、はこだて未来大学のちゃーりーで

11名の子どもたちが参加してくれました。

前半は、はじめにスクリーンの前で

サンプルプログラムと自分の体の動きをあわせながら、イメージをつかみます。

ちゃーりーのミニレクチャーも。

さっそく制作スタート!

ちゃーりーのミニレクチャーを参考にしたり、自分に沸いたイメージを形にしたり。

ファシリテーターや、周りの友達と協力しながら、プログラムを組んでいきます。

 

次に、出来上がったプログラムをスクリーンに投影して、体の動きと合わせてみます。

 

短時間であっという間にプログラムが出来上がっていました。

 

休憩を挟んでから、後半です。

 

出来上がったプログラムをさらにアップグレードします。どんな作品になるのでしょうか…

自分の作品の絵コンテも描き、画面の動きや操作方法をまとめます。

最後に、それぞれの作品を発表しました。

自分が作ったプログラムに合わせて、子どもたちが演じます。

スイッチを押して水を出したり、ボールを投げたり、ゲームの主人公になったり…会場は大盛り上がりでした。

振り返りをして、ワークショップ終了です。

どの作品もとても面白く、子どもたちの表現力に驚かされるばかりでした。

体を動かしながら、友だちと協力しながら、考える、って楽しいですね!

次のプログラミングワークショップはいつになるでしょうか。待ち遠しいです。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

アルバイトスタッフ さかい