桜が満開~散り始め!

先日の日記にて開花をお知らせした、

青年センター前庭にある蝦夷山桜(エゾヤマサクラ)が4月23日に満開となりました!

※2021.04.23撮影(青年センター前庭)

※2021.04.23撮影(青年センター前庭)

*2021.04.23撮影(オーシャンスタジアム付近)

青年センターがある千代台公園内にある桜(エゾヤマサクラ)も満開となっておりました。

※2021.04.23撮影(青年センター前庭)

※2021.04.23撮影(青年センター前庭)

※2021.04.23撮影(青年センター前庭)

エゾヤマサクラは五稜郭公園などに咲く染井吉野(ソメイヨシノ)や本州の大山桜(オオヤマサクラ)よりも

濃いピンク色が特徴の桜です。花が咲くと同時に、赤っぽい葉の芽が開くので、花と葉で木全体がよけいに赤く見えます。

北海道の厳しい冬の寒さが、桜をより美しい色にするからなんだそうです。

道東など寒い地域にいくほど色鮮やかになるとか!

余談ですが、

日本一の桜並木として有名な新ひだか町の静内二十間道路桜並木(7km)もエゾヤマザクラ(約3000本)です。

*2021.04.24撮影(青年センター)

しかし、昨日満開になったばかりですが今日になって散り始めが!

桜は花の中心が赤くなってきたら散り始めるサインです!

例年ですとエゾヤマサクラが先に咲き、散り始める頃にソメイヨシノが開花しますが、

今年はほぼ同時に開花したほど気象条件が変わっていますので、もしかしたら散るのが早いかも?

GW期間中にまだ咲いているとよいですね。

スタッフ どうない