外壁タイル落下から身を守るために!

築50年を超える青年センターはその古さゆえに様々な汚損、破損があります。

以前、正面の外壁タイルが落下するという事態が起こり、体育館を臨時出入り口にするなど対応に追われたこともあります。

そんな正面の外壁タイルは落下危険部分を市の方で手配をして除去してもらいました。

電車道路側(函館市青年センターと表示があるところ)はお客様が入らないということで手付かずですが、草刈りなどの作業でスタッフが入ることがあるため、落下による危険を回避するためにパイロンを設置しました。

ゆくゆくは修繕をお願いする予定ですが、しばらくはこれで安全を守ることとします。

古い施設ですが、利用者の方がたくさんいらっしゃるので大切に管理していきたいものです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

センター長 いけだ