消防訓練を実施しました!

青年センターでは、スタッフによる消防訓練を年に2回実施しております。

その1回目を6月17日(水)に行いました。

まずは座学です。

なぜ訓練が必要なのか、その訓練の内容は何か、どうやって行うのか

基本的なことについて改めて全員で理解を深めました。

次は機器の説明です。

火災受信機です。

どこで火災が発生したか一目でわかるようになっています。

屋内消火栓です。

消火のための使い方はもちろんのこと、有線電話で事務所にある火災受信機と交信することも試しました。

消火器が館内のどこにあるかをすべて歩いて見て回りました。

いつも見ているのにパニックになるとどこにあるかわからなくなる可能性があるので、飽きるくらい何度も場所を確認することが必要だと思います。

そして最後は水消火器を使った消火訓練です。

ピンを抜いてホースの口を外してレバーを握る。

簡単な作業ですが、火を前にすると混乱してしまうことが考えられます。

きちんと初期消火に当たるには日頃の訓練が重要ですね。

(写真にはありませんが、実際に119番に電話をする通報訓練も行いました)

利用者の皆様が安心して利用できるよう今後も充実した訓練を重ねていきたいと思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

センター長(防火管理責任者) いけだ